ケンシ@『学び合い』と真正の学びブログ

海外勤務中の教員によるブログです。オンライン授業に挑戦中。社会科教育、『学び合い』、真正の学びなどをメインに書いています。時折、本の紹介もさせていただきます。ぜひ教育について熱く考えていきましょう🔥

いい本の条件〜『職業は武装解除』から〜

 

The more  we know,  the  more  we  know we  don't know!
ケンシです!


今日は


いい本の条件〜『職業は武装解除』から〜


について書きたいと思います。


みなさんはいい本ってどんな本だと思いますか?


ケンシとしては、本は3段階、4種類あると捉えています。
(小説は除きます。主に学術書、新書、自己啓発書を念頭に置いています。)

 

 

 

 

 

 

 

知識を得られる本
世界を広げてくれる本・見方を得られる本
生き方を変えられる本

 

 

 

 

 


です。
特に、世界を広げてくれる本・見方を得られる本、生き方を変えられる本がいい本なのかなぁと感じています。


今回、
職業は武装解除  瀬谷ルミ子  認定NPO法人日本紛争予防センター理事長  朝日文庫  2015 (文章自体は2011)


f:id:kenshimanabiai:20200705171114j:image


https://amzn.to/3fQ7TDE
を遅ればせながら読んで世界が広がり、いい本だなぁと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

武装解除とは、紛争が終わったあと、兵士たちから武器を回収して、これからは一般市民として生活していけるように職業訓練などをほどこし、社会復帰させる仕事  3

両親を殺され孤児になった子どもと、三十人を殺した子ども。手を差し伸べられるべきなのは、どちらだろう?   63

被害者に同じレベルの恩恵が行き渡ることはめったにない。加害者の人数と比べて、被害者の数が圧倒的に多いからだ。72

被害者たちは、元兵士たちの不満が爆発した時、犠牲になるのは自分たちであり、我が子であることが分かっている。そして、平和という大義のために、加害者の裁きをあきらめ、理不尽さをのみ込み、自らの正義を主張することを身を切られる思いであきらめる。72

一部の元兵士たちは、自分たちが困っていると訴えさえすれば誰かが支援をしてくれると感じ、自分たちの存在には価値があるという若干の誇らしさも感じるようになっていた  82

加害者が優遇され、もてはやされる風潮が長引くと、「無罪になって恩恵がもらえるなら、加害者になったほうが得だ」という価値観が社会に根付いてしまう 82

手厚い支援を受ける元こども兵が新品の制服と文房具を持って学校に通う一方で、一般の貧しい子どもたちは鉛筆ひとつ買えないような状況があった。それを見て育った子どもたちは、将来、争いの芽が再び生じたとき、果たして加害者側に回らず踏みとどまることができるのだろうか  82  83

 

 

 

 

 

 

 

というような、自分の知らない世界の様子と葛藤に触れられたためいい本だなぁと感じました。

Zoom『学び合い』と簡略版オンライン『学び合い』

 

サックサク!
ケンシです!


今日は


Zoom『学び合い』と簡略版オンライン『学び合い』


について書きたいと思います。


この記事において、
Zoom『学び合い』とは、上越教育大学の方々が考案されたZoomを使った『学び合い』です。

 

 

 

 

 

 

語る
課題に取り組む
必要に応じてブレイクアウトルームを使う
フィードバックを行う

 

 

 

 

 


という流れだと理解しています。
(違うぞ!ということでしたらぜひコメントください。)


それに対し、簡略版オンライン『学び合い』は、個人的な考え方、方法で

 

 

 

 

 


語りの動画と課題を配信する
生徒はそれぞれ好きな時間に取り組む
課題の提出状況はロイロノートで分かるようにしている
必要に応じて助け、学び合う
フィードバックの動画を配信する

 

 

 

 

 

 

というものです。
Zoom『学び合い』との大きな違いは、


時間を共有しない(時間に束縛されない)


という点です。


より、個別最適化をすすめるために、勤務校の生徒とならこの考え方、方法がいいかなと思って実践してきました。


が、

 

 

 

 

 

 

全然、全員達成できない
(例年比)

 

 

 

 

 

 

 


そしてその原因は、分かりきっていましたが

 

 

 

 

 

 

生徒の動きを見とれていない。
(見とらずに生徒を動かして全員達成できるほど自分には力がない。)

 

 

 

 

 

 


ということにありました。


よし、Zoom『学び合い』にチャレンジ!


と思っていた矢先、

 

 

 

 

 

 

 

ケンシのいる中国ではZoomに利用制限がかかってしまいました。


しかも、勤務校では


学校にいる子4割


おうち、日本で授業に参加する子6割


に同時に授業を行う


という形になりました。


どうすればいいんじゃ、、、、。


ひとまず、

 

 

 

 

 

 

 

 

おうち、日本にいる希望者は中国の会議アプリでつなぎ、


語る
課題を提示する
必要に応じて学び合う
フィードバック

 

 

 

 

 

 

 

という考え方、方法でやっています。
見取りができる点、さらに生徒自身も


この時間は授業だ、助けるぞ


と思える点から、全員在宅でオンラインだった時に比べ、動き、提出状況も良くなり、遂に全員達成もできました。
全員達成を目指せる集団に近づいてきました。


まだまだ試行錯誤です。

高3の担任がとっても楽しい  

 

アタックチャンス
ケンシです!


今日は


高3の担任がとっても楽しい


について書きたいと思います。


楽しいんです!高3の担任!!!すごく!!


クラスに20人いるんですけど!!!!


もう20回、進路について真剣に考えられるんですから!!!!


本当に先生という職業は素敵だなぁと思います。


自分の頃には視野に入らなかったような大学をすすめています。


やっぱりAPUさんやデジタルハリウッド大学さんは魅力的ですね。


ケンシが高校生の頃、


デジタルハリウッドて笑
ハリウッドにあんのかよ笑


といいながら、行く気もないのに模試の志望校欄に記入したことを反省しました。


とてもいい大学さんです。


時代的に、通信制大学をゴリゴリすすめたい気持ちもあるのですが、


サークルや学友


といったオフライン神話が強いですね。
ここを崩せればすごいビジネスチャンスが待ってる気がしますが。


とにかく進路未決定者ゼロ、自己指導能力の育成目指して頑張っていきます。

プログラミングでゲームづくり〜育休ゲーム〜

 

導入に相談だ!
ケンシです!


今日は


プログラミングでゲームづくり〜育休ゲーム〜


について書きたいと思います。


育休ゲームをつくりました。


シンジローという恐竜が
ヤトウやセケンに叩かれながら、
育休という名のコインを集めていくゲームです。


ある程度のレベルだと


日本レベル


ですが、ある程度のレベルを超えると


〇〇レベルになります。


〇〇には何が入るか。
日本と〇〇はなぜ育休の差があるのか。


社会科の授業の導入でお使いいただけるかもしれません。
https://studio.code.org/projects/gamelab/8gnQQPMCEh07i8tIDM8iAyHMn7Z3G6Wh3iXba60s6us


✱ちなみに友人にトライしてもらったら誰も〇〇レベルまで行けませんでした。
クソゲーなのかもしれません。〇〇が分かった方は、ぜひご連絡ください!

プログラミングでゲームづくり〜2歳児向け? ゾウを回せ!〜  

 

シンプル!
ケンシです!


今日は


プログラミングでゲームづくり〜2歳児向け? ゾウを回せ!〜


について書きたいと思います。


ゲームをつくりました。
2歳児向け?です。


いないいないばぁ


と同じ仕組みです。


いないいないばぁ


 

 

 

 

 

 

 

期待反応


と言って、期待した通りの反応が出てくるから赤ちゃんが喜ぶ


実は、


ばぁ


で驚いているのではなく、


ばぁがくるのよね、ばぁがくるのよね


と期待して


ほら、ばぁがきた!


と喜んでいるんだ


それが、期待反応でいないいないばぁだ。


これがコミュニケーションの基礎中の基礎となる

 

 

 

 

 

 

と大学の時、自閉症の講義で学びました。


このゲームも期待反応を狙っています。
(とかっこよくプログラマーオーラを出して言ってみます。)


太陽を操作してゾウにぶつける。
ぶつかったゾウがまわる。


というシンプルなゲームです。


もし小さなお子さんが周りにいたら、トライしてみてください!
https://studio.code.org/projects/spritelab/rsV1XuNGCDc5G3T2RO7aePgWWtWUsD4uKeR3bDyVC9w

授業記録、プロトコルをつける意義  

 

異議あり
ケンシです!


今日は


授業記録、プロトコルをつける意義


について書きたいと思います。


毎回の授業で、授業記録、プロトコル(生徒の発言記録)をつけています。
そして自分の授業の良さと課題を毎回書いています。


今の授業に生かすため、記録を読み返してるのですが、やっぱりいいですね。


あ、ここはこうしよう


こういうところに気をつけなきゃ


と振り返り、今に生かせるのはもちろんですが、

 

 

 

 

 

 


当時の授業が鮮明に蘇る

 

 

 

 

 

 

 

のがなんといっても素敵な点です。


あぁ、このタイミングであの子があんな声かけをして、動きが変わったな


あの子の発言に対して、あの子があの質問をしてあの流れか


と当時の授業をニヤニヤしながら思い出せます。
そして、卒業生たちのことを思い返す時間としても活用できます。


授業記録、プロトコルにはたくさんの意義がありますね。

なぜアクティブ・ラーニングを批判する本が売れるのか〜『7つの神話との決別』〜

 

水曜どうでしょう
ケンシです!


今日は


なぜアクティブ・ラーニングを批判する本が売れるのか〜『7つの神話との決別』〜


について書きたいと思います。


7つの神話との決別  21世紀の教育に向けたイングランドからの提言  デイジー・クリストドゥールー  松本佳穂子、べバリーホーン 監訳  大井恭子、熊本たま 訳  東海大学出版  2019


f:id:kenshimanabiai:20200625192155j:image


https://amzn.to/3eps1fy
を読みました。
この本では、

 

 

 

 

 

 

7つの神話とは、以下である。17
1  事実学習は理解を妨げる
2  教師主導の授業により生徒は受け身になる
3  21世紀はすべてを根本的に変えてしまう
4  調べようと思えばいつでも調べられる
5  転移可能なスキルを教えるべきである
6  プロジェクトとアクティビティーが学びの最良の方法である
7  知識を教えることは洗脳である

 

 

 

 

 

 

 

と7つの神話をあげ、それらを批判します。


さらには、

 

 

 

 

 

 

これがドリルの恩恵なのだ  63

 

 

 

 

 

 


とドリル学習の意義を述べます。


なぜこのようにアクティブ・ラーニングを批判する本が売れるのでしょうか。


友達のスペインの先生に聴いたのですが、

 

 

 

 

 

 


ヨーロッパでは、アルファベットの習得すらプロジェクト学習で行っていて、アルファベットの習得が徹底できていない現状があるからでは無いか

 

 

 

 

 

 

という回答が得られました。
なんと読み書きの基礎、日本でいえばひらがなの習得ですら、プロジェクト学習で行っているそうです。


校長先生に手紙を書いて花壇をつくってもらおう!


というようなプロジェクトの中で、文字を学ぶんだとか、、、、


そういえば日本では、ひらがなや足し算をアクティブ・ラーニング、プロジェクト学習で学んでいる学校や授業はどれくらいあるのでしょうか。


教育=アクティブ・ラーニング


と一緒くたにケンシは考えできてしまっていました。


ひらがなや足し算ができない子に、アクティブ・ラーニング、プロジェクト学習の実践のみでひらがなや足し算をマスターしてもらえるか?


と考えた時にちょっと怪しい気がしてきました。


お手本をしっかり見て、反復練習、ドリル学習が必要な気がしてきます、、、。


『学び合い』ならいけると思いますが、、、


んーー。
しかし、基礎はなくてもアクティブ・ラーニングはできると考えているはずなのに、、、
ひらがなや足し算となると難しい気がしてしまうのはなぜでしょう、、、。


みなさんはどう思われますか?

その他の教育ブログはこちら→ にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村